So-net無料ブログ作成
検索選択

吉高由里子の歴代彼氏の意外な共通点とは・・・!

NHKの連続テレビ小説のヒロインの大役を果たし、今年大みそかには紅白の司会も務める吉高由里子ですが、恋愛スキャンダルの実に多いこと。歴代の彼氏は情報あるだけでざっと6人以上です。彼らの共通点を探って見えた吉高由里子の本性とは・・・
吉高2.jpg
スポンサードリンク





吉高由里子の歴代彼氏紹介


吉高由里子は他の女優さんに比べて恋愛スキャンダルが多いですよね。一部は映画などの番宣のためのでっちあげもあるようですが、6人は多い。

吉高由里子の所属するアミューズという事務所は音楽系で、マスコミ対策が下手とも聞いたことがあるので普通の女優さんならもっとガードされるところを吉高由里子は取られ放題なのかもしれませんね。でも火のないところに煙は立たないですからね。噂になった男性とは何かしらあると思われます。歴代彼氏6人顔写真付きで一挙紹介します!

だいたい報道された順、(付き合った順)に並べてます。

まずは、彼氏1、 玉木宏
玉木宏.jpg
2009年1月から放送されたドラマ『ラブシャッフル』で共演したことから交際し始めたようです。焼肉デートや青森の八戸旅行などがスクープされています。

そのドラマでの吉高由里子の役は感情表現がほぼなく、口数が少ない美大生。他人の前世や未来、幽霊を見ることができるという変わった役柄で、玉木宏とは恋人役というわけではありませんでした。

このドラマで初めて彼女を見て顔立ちがそこまで華やかではないけれど、独特の雰囲気に吸い込まれそうな魅力を感じました。玉木宏もそんな雰囲気に魅力を感じたんでしょうか。

実際の吉高由里子はすごく喋りますから、ギャップにも惹かれたのかな。でも意外にあっさり短い期間でこの交際は破局を迎えました。

すれ違いの原因は恐らく吉高由里子の仕事です。玉木宏は昔から「早く子供の父親になって遊んであげたい」と言っているくらい結婚願望が強かったそうですが、吉高由里子は仕事が順調に忙しくなってくると、結婚は考えられなくなってしまったみたいです。以前、彼女も23歳くらいで結婚をしたいと言っていたそうですが、まだ若いので仕事も恋愛ももっといろいろしてみたかったんでしょう。

彼氏2、 尼川元気 (4大人気バンドflumpoolのベーシスト)
尼川元気.jpg
吉高由里子と同じ事務所ということで交流があったみたいです。目黒川の桜並木にほど近い居酒屋でデートした後、尼川さんのマンションに二人で入っていったのがスクープされています。吉高由里子が尼川さんのマンションを出たのは翌日の朝9時過ぎということからお泊りデートと報じられました。

彼氏?3、 生田斗真 
ikuta.jpg
2012年3月、4月にかけて公開された映画『僕等がいた』の撮影で親しくなり、ほか共演者らと朝帰りがスクープされました。

撮影中も監督が観てるのが恥ずかしくなるくらい仲が良く、ラブラブな雰囲気が漂っていたと話しています。スクープ写真は映画の宣伝のため造られたものの可能性が高いですが、生田斗真は吉高由里子にしょっちゅう携帯で呼び出されていたそうです。

映画の宣伝で生田斗真もいた方が良いからと呼び出されたり、酔っぱらって電話してこられるので生田斗真は携帯電話恐怖症になってしまったと言われています。2か月くらい泊りがけの撮影をしていたようなので、恋仲になる可能性は十分にありましたが、生田斗真の方は参ってしまったみたいです。

あと、スクープ写真はないのですが、この二人とも熱愛のうわさがありました。

彼氏?4、 二宮和也 (嵐)
ninomiya.jpg
映画『GANZ』で共演したことから知り合い、親しくなったそうです。バラエティ(嵐シェアハウス)などでも二人の仲の良さは観てとれます。ネット上で街中で堂々と手つなぎデート、キス写真流出という話題も広まりましたが、嵐側のガードが固いのかあまりはっきり本人たちだと確証の持てる写真はありません。

彼氏?5、 松山ケンイチ
松山ケンイチ.jpg
二宮と同じく、吉高由里子とは映画『GANZ』で知り合ったようです。でもすぐに小雪と結婚されたので、関係があったとしても一瞬でしょう。二宮とはお互い人気同士、プライドも高く、譲らない性格でぶつかることも多く、犬猿の仲だったみたいなので吉高由里子を取り合ってるのではとウワサされたのかもしれません。

そして、最後はたびたび週刊誌でデート写真が報じられているこの人です。
本命 彼氏6、 野田洋次郎 RADWINPS 4大人気バンドのボーカル
野田洋次郎.jpg
吉高由里子は以前からRADWIMPSのファンだったそうで、2011年、初めてライブに行き、そのツアー終了後に急接近したそうです。

ツアーはRADWIMPSでいうところの「絶対延命ツアー」ですね。この頃、野田洋次郎は女優、臼田あさ美と交際しており、吉高由里子も尼川元気と交際中でした。

ところが、2013年野田洋次郎は臼田あさ美と別れます。そのすぐあとの2月、野田と吉高二人の熱愛がスクープされます。

二人は1月14日、都内でミュージカルを観劇。数日後、野田が吉高の自宅に訪れたと「週2デートのインドア愛」と報じられた。実は二人ともW二股だったようです。(当時吉高は尼川元気と交際中だった)演劇関係者の間では熱愛報道される前から「最近、吉高さんと一緒に来ているマネージャーが若い男性になっていた」と話題になっていたそうです。この男性が野田洋次郎だったんです。

その当時、吉高が二人の恋愛を思わせる意味深なツイートをしていた。

私が嫌いなあの人も
どこかで誰かの特別な人なんだろうな
私が好きなあの人も
どこかの誰かに嫌われてるんだろうな
そんな事思う私はどこかで
顔も知らない誰かに
恨まれたり愛されたりするのだろうか
顔も知らない誰かを
私は恨んだり愛せたりするのだろうか

さっきから指先ばかり舐めてる

2013.01.28 01:12

あ、全然
ネガティブじゃないよ
ポジティブでもないけど
ネイティブな思考回路
昔から私はこんなんだ
だから深い意味もないです
ただの子供の小言です
言葉も先に言ったもん勝ちなのね
行動も先にやったもん勝ちなのね

誰かよりは早く伝えられたけど
誰かよりは遅れてしまったな
さてと。
2013.1.28 01:59

吉高由里子の熱愛彼氏は?どんなカップルなのか?


演劇関係者との間で話題になっていた時期から考えると、吉高由里子と野田洋次郎の交際は2011年頃からということになります。なんとスクープされる1年半前からですね。二人とも当時の交際相手とマンネリ化していたため、一気に火がついてしまったようです。

ところがそんなラブラブな二人も2013年9月路上で大ゲンカが目撃され、破局報道が流れます。本当に破局したのかはわかりませんが、吉高由里子はちょうどこの頃、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の主演が確定したころで、プレッシャーも大きく気が立っていたと思われます。

吉高が店を出ると、野田と手をつなぎ歩き始める。数分もしないうちに、2人は大声で何か言い争いを始めた。
むっとした表情で立ち止まる吉高。野田は後ろを振り向きもせずそのまま歩き続ける。次第に2人の距離は離れていき、吉高はその間も大きな声で呼び止めるが野田は一向に立ち止まらない。

あきらめた吉高は、タクシーを止めて乗り込むと、野田の横を横切って去って行った。二人の喧嘩はマンションに入った後激しくなり、野田と思われる怒鳴り声や壁にぶつかった大きな物音もしたらしい。深夜3時の出来事。
出典 吉高由里子が恋人・野田洋次郎と路上で大喧嘩!破局の危機!?レッツ芸能ニュース

そして、RADWIMPSの野田洋次郎がそのあとすぐに出した「五月の蝉」という曲の歌詞が吉高由里子への心情を歌ったものではないかと話題になりました。PV動画を見てみたのですが、背景が血の海で心臓から血が流れる映像があり、最後にはギターを床に叩きつけて終わるのです。歌詞は大声で早口のため聞き取れなかったのですが、映像だけでも恐ろしかったです。野田洋次郎は付き合っている恋人とのことを基に曲を作ることが多く、今回の「五月の蝉」も歌詞を見てみると、本当に吉高由里子のことを言っているようなのです。そこらへんの歌詞を抜粋しました。

「僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ」というサビから始まるのですが、「君が襲われ 身ぐるみ・・・・」から以降はここには載せられないほどやばい歌詞です。
一応ラブソングのようなのですが、歌詞の内容が恨みつらみでぞっとします。でも逆にそこまで吉高由里子のことを思っていたんだろうと感じられます。

気になる方は歌詞を見てみて下さい。

曲なので作ってるところもあると思うのですが、野田洋次郎は結構激しい恋愛をする人なのかもしれません。吉高由里子もそういう感じなのでお互いに良い相性のカップルだったのでしょう。

この歌詞の流れ的に吉高由里子が妊娠して、それを下してしまった事から野田が怒って口論となったのではないかとも考えられます。だとしたらすごい話ですよね。あくまで想像ですが。

しかし、破局騒動があったのち、『花子とアン』の方が軌道に乗ると、二人は復縁し、半同棲生活を始めたようです。 『花子とアン』の放送が終了した10月末頃には二人のラブラブデートが代官山でスクープされています。やはり吉高由里子は仕事に専念するために距離を置こうとしたけど、野田洋次郎には納得してもらえなくて大ゲンカとなった。でもお互いを思う気持ちは強く、またヨリを戻した。といったところでしょうか。

吉高由里子の歴代彼氏の共通点


吉高由里子の歴代彼氏の共通点とはなんでしょうか?多くは共演者ですね。玉木宏も生田斗真も二宮和也も松山ケンイチも。まぁ本当に付き合ってない人ともうわさになっちゃうくらい結構親密な間柄になることが多いみたいです。吉高は男女問わず結構フレンドリーに接するからですね。

初対面でも敬語を使わないそうで、嵐の「シェアハウス」で安室奈美恵にも最初からタメ口だったと言っていました。仲良くなりたいなと思う人にはタメ口で話しかけていって一気に距離を縮めるみたいです。

RADWIMPSの野田洋次郎に対してもライブを見に行って、番号交換をして、会うようになって急接近→正式な彼氏彼女ですからね。「あの人いいな」と思ったら即行動、GETとはまさに肉食女子ですね。

flumpoolの尼川元気、RADWIMPSの野田洋次郎は共演者ではないですが、尼川元気は吉高と同じ事務所アミューズに所属していたので交流があったそうです。

物理的な距離が近く、会う頻度が多いほど恋愛関係に発展しやすいというのはお約束ですから、共演者と恋に落ちるのもわかりますよね。その点、現在も進行中の彼氏野田洋次郎には自分から追っかけて接点を作っていってるので大本命だったんでしょうね。

業界関係者にも口をそろえて「不思議ちゃん」と言われる彼女は何をするかわからない破天荒な女。彼氏となる人に必須となるのは包容力。わがままを自然と受け入れ愛おしいとも思えるような器の大きい人でないとありえません。ここは歴代彼氏6人ともクリアしていたと思われます。

ただ、優しすぎたり、平凡すぎると物足りないというのが吉高の恋愛に求める要素なのではないでしょうか。そこで、現れたのが野田という今までにない強烈なインパクトをもたらす存在。吉高由里子も変わってますが、野田もかなり特殊な感性の持ち主のようです。以前、テレビで好きなタイプは「ミステリアスな人がいい」と言ってました。他6人には感じられないところですね。
スポンサードリンク




吉高由里子はなぜ人気が下がらないのか?枕営業?


『蛇にピアス』で濡れ場をやり、数々の人気ドラマにメインで出演し、『美丘~君がいた日々~』では余命宣告された難病のはかなげな役を演じ、今年はNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で主演を果たすと、大みそかの紅白司会に抜擢された。

なぜ彼女の人気はこんなにも衰えること知らず、伸び続けているんでしょう。万人に好かれる正統派女優でないことはNHKの連ドラ起用が決まった時点の反響からも明らかです。

『花子とアン』では吉高にしては結構控えめな女性に演じていたので(時代背景もあり)年配者の心も掴んだようですが、どの作品でも彼女の個性は殺せないので好きな人はすごく好かれるけれどその逆も多いです。

そのサバサバしていて面白い性格からもともと女性ファンが多かったみたいなんですが、最初の主演デビュー映画が『蛇にピアス』から、NHK紅白の司会を務めるまでになったのは驚きですよね。
普通、最初から脱いでしまう女優さんってあまりいないですから。

それも吉高由里子の場合はそのあとは普通の良い役をもらって知名度も人気も伸ばして、NHK連ドラまで上り詰めたわけです。これは単に運が良いんでしょうか?

『蛇にピアス』のオーディションでも監督に自分から裸を見せたそうですし、枕営業してるなんてうわさもあります。もともと酔っぱらうと下ネタも言うし、すっかり肉食女子のイメージついてるのでそんなうわさも立ってしまいますよね。でも不思議とそういうあけっぴろげなところからなのかどんなに悪評が立っても彼女の評価は落ちません。

評価する人は本当に高く評価するし、悪評を言う人も注目してこそな感じがしますし。恋愛スキャンダルもここまで多ければふつうイメージダウンするところですが、吉高由里子の場合は違うんでしょうね。「なんか彼女らしい」と許せてしまうというか、魅力にすら感じてしまうのかもしれません。恋多き自由奔放な女優、吉高由里子、これからも貫いて行ってほしいです。言われなくても貫いていくんでしょうけど・・・笑。
スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 吉高由里子ファンブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。