So-net無料ブログ作成
検索選択

吉高由里子太った?ストレスで顔が・・・紅白司会大丈夫か?

紅白初司会となる吉高由里子。NHK連続テレビ小説『花子とアン』がヒットしたことから起用されたのですが、破天荒な彼女がどんな司会ぶりを見せてくれるかに注目が集まりました。ところが、最近はその容姿が太ったことから劣化してきていること、エスカレートするトラブルに注目が集まってます。
スポンサードリンク




吉高由里子太った?彼氏と再び大ゲンカ。妊娠か?


ネットでは吉高由里子が「太った」「劣化した」「こんなの俺の吉高じゃない」など容姿が醜くなってしまったと言われています。

そのきっかけになったのは、12月29日に白組司会の嵐とともに出た記者会見です。前髪を切ってパーマをかけた状態で登場したのですが、全体的にふっくらした感じになっており、(特に顔が)写真のアングルによっては全く別人に見えるほど、変わってしまっています。
こちらが記者会見の写真です。
吉高由里子前髪.jpg

少なくとも今までの目鼻立ちがスッキリしていて、美人でスラッとしたイメージはないですよね。なんでこんなに変わってしまったんでしょうか?

今年、NHKの連ドラに初起用されたときは、高視聴率続きの番組を自分がコケさせるわけにはいかないし、プレッシャーも相当あったと思いますが、それも好調にヒットどころか歴代史上最高の視聴率を叩き出し、人気、知名度も上げ、一気に大物女優の仲間入りを果たしました。

本来であれば、絶好調で魅力に磨きがかかって更に綺麗になっていくのが自然な変化で、間違っても劣化したなんて言わることにはならなかったはずなんですが。

もしかしたら、NHKの朝ドラをやっていたときは、夜遊び好きの彼女が行動を制限されていたり、実際に毎日撮影で自由な時間もなかったりしたので、その縛りやプレッシャーから解放されて勢いよく食べすぎてしまったのかもしれません。吉高由里子の好物はお酒に焼肉ですから、がっつり食らったら一気に太りそうですよね。

朝ドラ撮影期間中もお酒を禁止されたことで甘いものに走っていたらしいです。気持ちはわかりますが、女優としては気を抜いてしまった行為でしたね。でも写真ではっきり見違えるほどなんていったい何キロ太ったのでしょう?

『花子とアン』の撮影が終わって、これまではわずか2ヶ月です。あの着物姿だと余計華奢に見えた彼女の何がどうしたらあそこまでになるというのか。吉高由里子のもともとの体重は49キロ。そして、現在54キロだそうです。

2ヶ月という期間で5キロは確かに激太りと言われても仕方が無いですね。ただ身長158センチに対し、54キロというのはそこまで太っているうちには入らないと思いますが。顔が太りやすい体質なのかもしれません。写真で全身を見て見ると、お腹に若干怪しい膨らみがありました。これです。
劣化.jpg

これってもしかして妊娠?
だとしたら納得が行くような。吉高由里子は朝ドラを始める前、彼氏の野田洋次郎と路上で大ゲンカしてましたが、また今月、12月にも渋谷の路上で大ゲンカしていた所が目撃されています。

もともとお互い我が強い性格なので、ケンカはしょっちゅうだそうですが、前回とは違い、吉高由里子の方はプレッシャーから解放されて、仕事も好調な所なはずです。以前の大ゲンカのあとに野田洋次郎が作った『五月の蝉』のアルバムに結婚を意識しているようなこと、二人の子どものことなど妊娠があってもおかしくないような内容の歌詞でした。

仕事がうまく行っている今のタイミングで妊娠なんて考えられないと思いますが、同棲生活を送る最愛の彼氏と路上で声を張り上げるほど大ゲンカになるには何か原因があるのかもしれません。いくら周りを気にしない彼女だって大勢の聴衆の前では正常であれば理性が働くはずです。ケンカは家に持ち帰っていくらでもできるでしょうから。

お腹のあたりの膨らみですが、他の写真も検証してみましたが、他はそこまで目立ってる様子はないです。
全身.jpg
単に服の膨らみか、写真の角度でそう見えてしまったんでしょうか。
スポンサードリンク




前髪切らなきゃよかった!太った吉高由里子


吉高由里子といえばセンターパーツの前髪がトレードマークで芸能界でも屈指の美人女優に数えられていました。それが、29日、紅白の記者会見で、前髪を眉上まで切って全部下ろし、若干パーマをかけたスタイルで現れました。

破天荒なキャラの吉高由里子が紅白の司会をどんな風に進行していくかという点では事務所も頭を抱えていたようなので、イメージアップを狙って、迷走してしまったようです。

やはり彼女は前髪がない方が似合います。北川景子のように顔立ちがめちゃくちゃはっきりしていて両方似合う人もいると思いますが、大抵はどちらかです。吉高由里子はもともと目や鼻のパーツがあまり大きくくっきりしているわけではありません。よく前髪をパッツンにすると目力がアップするとかいいますが、そういう顔の場合、美人でも前髪を作ると目力が衰えて、野暮ったくなってしまうこともあります。もともと痩せていて顔がクッキリしていたのが、太ったせいで薄くなってしまったのもあるかもしれません。

太った原因はやはり紅白のプレッシャーかそれとも…


吉高由里子は『花子とアン』が終わってから、最近トラブル続きのようです。髪型を変えたのは事務所との相談の上のイメージチェンジでしょうし、太ったのは致し方ないことだと思いますが、行動がおかしいのです

事務所に内緒でマネージャーと取材、撮影を行ってしまったり、彼氏と再び路上で大ゲンカしているところをフライデーされてしまったり。

朝ドラのヒロインという大役を終えて安心した反動か、周囲の期待が高まりすぎて無意識に均衡とろうとしてしまっているのでしょうか。

今年の彼女はNHK朝ドラで始まってNHK紅白で終わる多忙の年でした。大きな飛躍の年であったと同時に彼女にとっては制約の多い忍耐の年だったといえるでしょう。不安があると人は過食になるそうです。吉高は5キロ太っただけなので病気なわけではないですが、好調な仕事と裏腹にそれだけ精神的にしんどい状態だということを物語っています。

吉高由里子の紅白司会はどうなるのか?


吉高由里子が紅白司会に起用されて、不安の声もありましたが、自由奔放でユーモアあふれる彼女に放送事故を期待する声も多くあります。

前回紅白司会を務めた綾瀬はるかとはキャラはかぶりませんが、同じように天然司会では二番煎じになってしまいます。綾瀬のときは視聴率がよかったらしいですが、『花子とアン』がヒットして、いろんな意味で期待値が高まっている中、彼女自身も飛躍を目指そうとしていますから、今までの調子ではいけないかもしれません。

『花子とアン』から大抜擢を受けてNHKの重圧に苦しんできた彼女はここでNHKの批判を買うわけにはいかないし、せっかく得た高齢層からの支持や原作のイメージを著しく壊すことはできないという縛りも感じているのかもしれません。

紅白初司会のプレッシャーももちろんですが、奔放な発言が売りの吉高が自身を自制しなければならないというのは本当に大変なことでしょう。私たち視聴者からすれば、NHKは堅すぎるので少々砕けた感じでハラハラできるくらいのほうが楽しいのですけどね。

NHK側も吉高由里子を起用した時点でそのくらいのことは覚悟したはずなんです。数字が上がるなら多少は改革もやむをえないといったところでしょう。

ただ紅白の司会は吉高由里子だけではなく嵐5人もいますからね。前回の綾瀬はるかのときは見事にフォローしていましたし、今年もうまくまとめてくれるでしょう(笑)吉高由里子がどんなにぶっとんだ発言をしてしまったとしても嵐5人もいれば大丈夫でしょう。吉高由里子と嵐はよくバラエティに一緒に出てましたし、仲が良いです。特に二宮君とは息がぴったりなので、どんな司会になるのか楽しみです。
スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 吉高由里子ファンブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。