So-net無料ブログ作成
検索選択

吉高由里子引退か!?花子とアンは引退覚悟で挑んでいた!

吉高由里子は現在、休業中で次の出演作の話も聞こえてこない。『花子とアン』で燃え尽き症候群になったともいわれている。

絶好調だったはずだが、年末の激太りや精神不安定な状態から引退もささやかれている。本人も朝ドラに出ると決めた時点で引退を覚悟していたと話した。

スポンサードリンク





引退覚悟で挑んだ『花子とアン』



inntai.jpg

昨年大活躍だった吉高由里子ですが、実は『花子とアン』のヒロインが決まった頃から引退を考えていたらしいのです!

8月26日のクランクアップの会見では「この仕事が最後になってもいいやって思った」と発言しています。この真意はいったい何なのでしょうか?そのまま引退を意味しているのでしょうか?

NHK朝ドラはヒットが続いていましたし、これでコケれば終わりみたいな重圧もありました。それに撮影も長丁場で相当過酷なものでそれなりの覚悟も必要だったと思います。彼女の発言を追いながら、心中を探ってみました。

これはクランクイン時の吉高由里子の発言です。

「これから始まる10か月間はとても楽とはいえない期間になると思いますし、自分にとっての正念場だと思っています」

と意気込みを語っています。

これは非常に前向きな発言ですよね。大勢の人に向けて作品のPRも兼ねての公然の発言なので真意は見えません。ただこのとき、「朝ドラに向けてのひと言を考えれば考えるほど、しゃべればしゃべるほど、泣きそうになる」と一瞬声を震わせてもいたそうです。

朝ドラにかける思いがそれほど強かったのだとポジティブにもとらえることもできますが、彼女が公の場で弱音を吐くとはそれほど精神的に追いやられていたということを物語っています。

また、これから始まる撮影について、「怖気づいて、引きこもりたくなるようだった」とも言っていました。これは朝ドラヒロインに決定した6月からクランクインまでの間、英語のレッスンや時代ものを演じる準備に追われて大変だったときを振り返った発言だったようです。

監督が丁寧に撮る人で、常に2~3時間撮影が押していたそうです。当然撮影シーンが多い吉高は東京に帰る予定だった日も、吉高だけ急きょホテルを取って泊まったりしていたそうです。毎日ですからしんどいですよね。

吉高由里子の引退発言の真意とは・・・?


吉高由里子から発せられた引退を思わせる発言の数々。その真意はなんであるのか?

それだけ重いプレッシャーと過酷な撮影ですから、当然、泣き言も出てしまうと思うのですが、8月26日のクランクアップの時の会見の「この仕事が最後になってもよかった」発言は引退を視野に入れた明確な言葉ととらえられます。

ちょうどそこのところを9月12日にNHKあさイチ・プレミアムトークで突っ込んで聞いていたようです。

asaiti.jpg

会場では、このクランクアップ会見でのシーンが流され、MCの有働由美子が「気になる発言も飛び出ました」と紹介しました。

井ノ原快彦が「悩んでいた時期だったんですか?」と尋ねたのに対して、吉高由里子は「自分のお芝居も全然成長しないなぁと思っていて。」と返す。いつもモニターで演技を見直すたびに「これでいいのかなぁ?」と悩んでいたことを打ち明けました。

そして、引退発言の真意を明かしました。

「こんな大きい仕事で長期間だから勇気がいるもんで、最後だなって思ってやったら全部振り絞れるんじゃないかな、と。」

そういうことだったんですね。なんとも吉高由里子らしいコントロールの仕方な感じがします。それだけの覚悟で挑んだからこそ、ここまでの成功を収めたんでしょう。

それから、クランクアップの会見での「この仕事が最後になってもよかった」発言にはつづきがあったこともわかりました。

あまりにもこの言葉が衝撃的でクローズアップされすぎてしまったため、後半の大事な言葉がカットされた状態で独り歩きしてしまったみたいです。全文はこうです。

「この仕事で最後になってもいいやって気持ちでやっていて、終わってやろうか続けまいか迷ってた時期でもあったんですけど、とっても素敵な人たちと出会ってしまって、この人たちとまた仕事したいなってのか私の続ける理由になっちゃいました。」

ファンとしてはこれを聞いて安心しました!って感じです。紅白でも確かこういうこと言ってましたね。『花子とアン』のサプライズ企画で出演者全員で吉高由里子が司会している会場に応援に来たときに。「とっても素敵な人たちに出会ってしまって・・・」って。

結局私たちを驚かせた引退発言の真意は、引退を考えてましたけど、やっぱ続ける気になっちゃいましたって話だったんですね。

スポンサードリンク





吉高由里子引退の可能性は?


とはいえ、吉高由里子は年末の紅白を終えてから、ずっと休業しています。本人は1年くらい休みたいと言っているようです。

去年はそれこそ1年フル稼働だったわけですから当然だと思うのですが、そこまで長い休業は彼女の女優としての未来を考えるとあまり望ましいことではありません。

せっかく朝ドラで老若男女の人気を獲得したのですから、この勢いにのって次回作をやれば、より注目され、彼女の人気は不動になります。

現在、三井住友銀行カードローン、トリスハイボールのCMには出ていますが、それでつなぐのも限界があります。このまま半年も何にも出ない状態だとCMだけではインパクトが薄れていってしまいます。

事務側は当然、次の売り出し方について考えてもいるでしょうが、けっこう放任主義なところがありますので、我の強い吉高由里子に対しては余計に強要もできないでしょう。

『花子とアン』のヒロインが真面目で純粋な役柄だったので、今までのイメージを一掃して、清純派で売り出したいと考えているみたいです。

そういえば、三井住友銀行カードローンってけっこう堅い感じのCMですよね。今までのは「ウィ~ッ!」って感じで元気だったのに。今もハイボールのCMも出てるけど、なんか大人でしっとりな感じです。小雪の路線でも狙ってるのかな?

それはさておき、吉高由里子が次いつ出てくるか、出てこないかが問題です。吉高由里子の燃え尽き症候群は本当みたいなので、当分次回作は拝めそうにありません。

そんな休業中が長く続くと心配なのが、普通の生活が自由で楽しくなっちゃって「やっぱ引退します」とか言ったりするんじゃないかということです。気変わりとか早そうですし。

まだあとちょっとゆっくり休んで欲しいけど、何かこっちのお仕事してないといけない人な気がします。

『花子とアン』の共演者で舞台をメインにやっている役者さんがいて影響を受けたようで、「舞台をやってみたい」って言っていたので、次回作はテレビではないかもしれませんね。

朝ドラをやりきって、「今までは本当の主演ではなかった。これで女優として一皮むけた気がする」と言っていたので、もしかしたら、次は何か新しいことをやってみたいと模索、構想しているのかもしれません。休み明けていきなり、「女優業からバラエティに転身しま~す」とかいうのもあり得そうです。

なにはともあれ早く戻ってきてほしいです。

スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 吉高由里子ファンブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。