So-net無料ブログ作成
検索選択

彼氏の野田洋次郎と吉高由里子が復縁!結婚間近か?

ただいま休業中の吉高由里子。ただ羽を伸ばしているわけでもないようです。熱愛同棲中の野田洋次郎と結婚を考えての準備期間と思われます。ところが野田洋次郎はなんと、あの有名女優と映画出演が決まってしまいました!
スポンサードリンク




ロックウェディング.jpeg

吉高由里子が休業前に交わした事務所との約束


実は、吉高由里子はNHK朝ドラ『花子とアン』の主演が決まったときから、事務所とある約束を交わしていました。

それは、
「『花子とアン』はやるから、撮影が終わったら結婚させて」ということでした。

『花子とアン』のオファーが来たとき、吉高由里子は自分にこんな大役やり切れるだろうかとプレッシャーに押しつぶされそうになったという話や、引退を覚悟で挑んだという話は聞いていましたが、結婚も考えていたとは驚きです。

吉高由里子は「女優をやめて結婚する」と言い張ったそうで、事務所や野田洋次郎と揉めていたようです。野田洋次郎ともそれが原因で大げんかしてしまったそうです。路上でスクープされたあれです。

そういえば、大喧嘩が目撃されたのは、2013年9月(『花子とアン』の主演が決まった頃)でしたね。

それだけ野田洋次郎のことが大好きですぐにでも結婚したかったんですね。「こうする」と決めたら聞かない吉高由里子に事務所も朝ドラと引き換えにこの条件をのまないわけにはいかなかったのでしょう。

今、吉高由里子は期限の定まらない長期休暇に入っていますが、これは結婚に向けての準備期間ということはおおいに考えられます。

『花子とアン』と年末の紅白という大役が終わったとき、「2年は休ませて」といったそうです。確かに休む間もなく半年も働いたら、仕事が好きでもしばらくゆっくりしたいとは思うと思いますが、2年は長いですよね。

きっと休養だけでなく、将来のことをじっくり見据えて考える期間も欲しかったのかもしれません。年齢的にも27歳あたりは仕事も面白くなってくる頃ですけど、結婚や子供のことなども考えるべきタイミングです。好きな人がいるんだったら余計です。

吉高由里子が「女優をやめてもいいから結婚する」なんて発言(本当のところは事務所への脅し文句だとは思いますが)したのは、NHK朝ドラ主演という大役に怯んでいたからというのもあるとは思います。仕事がしんどくなれば、結婚に逃げたいっていうような気持ちが芽生えてもおかしくないです。

でもそれ以上に強かったのは吉高由里子の野田洋次郎に対する愛です。長期の朝ドラなんて引き受けたら今以上に彼と会う時間が無くなってしまうというのがたまらなく嫌だったみたいです。

結婚がまだダメだと言われるのは、仕事上しかたないとも納得できるでしょうが、これでは時間がなくて交際できないのも同然、我慢できなかったんですね。しかもNHKの朝ドラ撮影期間、トラブルはご法度ですから、恋愛だけでなく、夜遊びやお酒も制限されてしまいます。それゆえ、吉高由里子も簡単に引き受けるわけにはいかなかったんです。

今後の飛躍のために望んでもなかなかめぐってくることはないほどの大チャンスだったわけですから、周りも彼女を必死で説得したんでしょうね。

その甲斐あって、吉高由里子は期待以上の結果を出し、一躍誰もが認めるトップ女優になりました。
吉高由里子自身の女優の仕事に対する考えも大きく変わったんじゃないでしょうか。

野田洋次郎とはすでに『花子とアン』の撮影中の2014年5月から半同棲生活を始めています。それから破局が報じられることもなく、もう1年も経つんですね。

復帰とともに婚約発表会見なんてことがあるかもしれません。

せっかくの結婚のタイミングは野田洋次郎の映画出演で延期?


吉高由里子は大役を成し遂げ、目標を達成し、念願の休暇からの結婚という絶好のタイミング!!のはずなんですが・・・彼氏の野田洋次郎がなにやら忙しそうです。

なんと、映画に出るんだそうです!それもあの肉食系有名女優とともに!!

野田洋次郎ってRADWIMPSのボーカル兼ギタリストですけど、映画にまで出れちゃうなんてすごいですよね。しかもチョイ役とかではないみたいですよ。

映画は、手塚治虫氏の病床日記が原案となった『トイレのピエタ』(6月6日公開)という作品で、野田は余命3か月の告知をされた青年を演じます。ポスターにもでかでか載っていたんですが、演技初挑戦にして初主演みたいです。

その共演者というのが共演者食いで有名な肉食女優、宮沢りえなんです。宮沢の役柄は、野田を慕う少年の母親です。恋人同士役というわけではないんですが、吉高由里子も気が気じゃないといった感じみたいです。
というのも、宮沢はRADWIMPSの熱狂的なファンで、野田の歌声を聴くためにライブ会場に通っているほどなのです。
宮沢りえが美人なうえに積極的とあっては、吉高が心配になるのも当然ですよね。

この映画の配役は、先に野田が決まり、共演者はあとから選出されたんですが、宮沢は「野田さんの大ファンだから絶対出たい!」と、猛アピールし、映画共演を実現させたそうです。

宮沢は、まだ実業家の夫と2012年から離婚協議中なのですが、今年1月には劇作家の赤堀雅秋、2013年には俳優の小久保寿人と熱愛が報じられています。いずれも舞台共演者です。

宮沢はいかにもアーティスト系といった知る人ぞ知る的な俳優やミュージシャンが大好物で、野田はまさにドンピシャなんです。

吉高由里子が結婚、出産を望むとしたら、長期休暇の今が絶好のタイミングだというのに、野田の映画出演でまた先延ばしになってしまうんでしょうか。

そんな矢先に宮沢が野田にちょっかいを出すなんてことないといいんですけど・・・。仮に野田の方が眼中にないとしても吉高としては面白くないですよね。年齢的には宮沢は41歳、野田は29歳ありえないとも言い切れないけれど、そんなに心配しなくてもいいんじゃないでしょうか。

本当に心配すべきは、映画ポスターで野田の隣に映っている17歳の杉咲花の方ですよ。回鍋肉を美味しそうに食べているCMでおなじみのあの子です。ドラマ『夜行観覧車』で不良少女を演じてその演技力の高さに注目が集まり、学校のカイダンなど多数作品に出てきて今年ブレイク間違いなしと言われています。

まだ成熟した美人女優とまではいきませんが、彼女の才能には見惚れるものがありますし、役柄も野田と心を通わせていく女子高生を演じていて、積極的にアプローチしているシーンが多数あるみたいです。

野田の気持ちが動くとしたら、こっちのほうが考えられます。ただ、杉咲花の性格はとっても良い子みたいですし、きちんと分別もありそうですから、吉高由里子と野田洋次郎の間を引き裂くようなことはないと思います。

しかし、周りを取り巻く環境が何ともないとしても、ここにきてまた結婚のタイミングを逃してしまったことで、吉高由里子の休暇もいつまでつづくか先が見えないですよね~。

吉高由里子も今ほど成功を収めた後なら、女優としての地位も確立しているし、結婚を発表しても問題ないと思うんですが、信頼のおける女性マネージャーが退社してしまい、事務所側との意思疎通がうまくいかなくなり、例の約束もないがしろになってしまっているんだそうです。
スポンサードリンク




吉高由里子の結婚観~相手に求める条件~


結婚というと、そういえば、こんな映画ありましたね。
『婚前特急』
婚前.jpeg

結婚相手にふさわしい本当の相手を見つけるために5人の彼氏の査定を始めるという話でした。吉高由里子はその主人公のOLチエ役をやってましたね。

ちょうどその頃、吉高由里子の結婚観についてインタビューした記事があったので紹介します。

Q1、ウェディングドレスは着てみたい?

映画『婚前特急』の中でも着させていただいて・・・。やっぱり女の子にとってはあこがれのもの!
以下省略

う~ん、映画の番宣を考えてか、客観的な発言ですね。でも願望ありそうですね。

Q2、ずばり、結婚願望はある?

うーん、結婚願望は・・・ない、と言うと嘘になるかな、フフフフフ(笑)。やっぱり人生で一度はしてみたいですよね。でも、デパートの試食みたいに、お試しができることじゃないじゃないですか。だから、ついつい慎重になってしまいそう。実は、我が家ではつい最近、お兄ちゃんが結婚をして、子供が産まれたばかりなんです。ついにオバさんになってしまった!で、家族からは、次はお前の番だって言われていて・・・。まだまだ早いだろって思いながら、けっこう切実に結婚について考えてますねー(笑)。


やっぱ結婚願望あるんですね。お試しできることじゃないから、とりあえず同棲ってことなのか?この頃は野田洋次郎とは出会ってないですから、結婚なんてまだまだって感じだったんですね。

Q3,どんな男性となら、結婚したい!って思う?

男性のことをすてきだな、惹かれるなって思う瞬間は、働いているところを見ると、ですね。映画の撮影現場とかで、寒い中、黙々と作業をしているスタッフの方々を見ていると、「ひゃ~かっこええ~」と心底、思います。この人の奥さんとか彼女に、この働いているかっこいい姿を見せてあげたい!って、いつも思いますもん(笑)。仕事のことを愛していて、もりもり仕事している男性が、今の私の理想かな。


映画に出てる俳優さんだけでなく、スタッフのこともかっこいいって思うんですね。確かに働く男性の姿ってかっこいいですよね。

Q4,結婚相手に求める、絶対条件は?

まず、自分の家族を大事にしているかどうか、ですよね。自分の家族を大切にしない人は、新しい家族を作っても大切にしないだろうなって思うから。あとは・・・男女の関係は振り子のようなものだと思うので、ふと気がついたら同じようなふれ幅で一緒に動いていた、みたいな関係を築ければいいな。がんばって無理して、ふたりで合わせていこうねっていうんじゃなくて、気づいたら、「お、タイミング合ってるじゃん」って笑い合える関係がいいな。


男女の関係は振り子のようなものって大人なコメントですね。この頃まだ22歳ですけど(笑)。両親の離婚経験もありますから、家族を大切にするっていうところはやっぱ一番重視してるんですね。でも本当に重要なポイントですよね。

Q5,理想の家庭ってどんなイメージ?

くだらないことばかりしている家族が、いいな~って思います。まさにうちの家族がそうなんですけど(笑)。小さいころは、お兄ちゃんと私とお父さんでお風呂に入るのが日課で、お風呂に入ると、もぐりっこしたり、スーパーボールを湯船に入れて遊んだり、延々とくだらない遊びをお父さんも一緒になってしてくれていたんですね。そういう、今思うと、「くだらんね~」って笑い合える想い出がたくさんある。そんな家族がいいなって思う。大事な家族とは、くだらないことをして、ずっと笑っていたいです。


よい家庭で育ったんですね。

Q6,幸せを掴む女になるには・・・どうすればいい?

今、私が仲良くしている女友達って圧倒的に30オーバーが多いんです。その中には、結婚している人もいるし、独身の人もいる。でも。みんな共通して言えるのは、キラキラとしていてアグレッシブだってこと!女は30歳を超えて強くなる一方だなって感じるんです。私、若いころ・・・10代のころなんかは本当に体力がなくてダメダメで(笑)。30代、40代になったら絶対、ヘトヘトになっているはず!と思い込んでいたけど、そんなこと全然ない。女は年を重ねるほど翼がはえたように強くなる。で、そうやって強く生きている女性ほど、幸せでいられると思うんですよね。だから私も30代、40代になってもたくましく、ピンピンとはじけていたいですね。


やっぱ現代の女性が目指す理想の姿ってこうですよね~。

ウェブマガジン Lmaga.jp より引用

吉高由里子っていきなり電撃結婚とかしちゃいそうなタイプに見えますけど、意外としっかり考えるほうなんですね。

映画に学ぶ結婚相手の選び方


結婚相手に求める条件ってよく聞かれる言葉ですよね。これだけは譲れないってところはよく自身の価値観、生活習慣を振り返って決めておいたほうがよいかもしれません。

しかし、10も20もの条件をクリアする相手となると、そうそう見つかるもんじゃありませんよね。

吉高由里子が言っていたみたいにお試しができるものじゃないから、一生かかる大事なことだから、結婚相手選びだけは失敗したくないですよね。

61751_400.jpg

この映画に学べば、本当の相手の見つけ方がわかるかもしれません。

映画『婚前特急』の主人公、吉高由里子演じるチエは、高飛車で自分を曲げない女の子なので結婚相手を見つけるまで相当な困難がありました。

でも最後には本当の相手がわかって幸せになれました。

予想ついてたと思いますが、簡単に言っちゃうとこういう話なんですが、いったいなんででしょう?
ってところに注目してもらいたいんです。

映画『婚前特急』に出てくる5人の男性というのはどこにでもいそうなごく普通の人たちなんですけど、それぞれ、全く違うメリットを持っています。

吉高由里子演じるチエは恋人を5股もかけていたんですが、どの人にもそこまで強い愛情を持っていたわけではないので、査定しはじめはメリット、デメリットで仕分けていこうとします。

ところが、案外相手もチエのことを本気じゃなかったり、知らなかった欠点を見ることになったりあっという間に候補がいなくなってしまうのです。

最終的に選んだのは、プライドの高いチエの理想とはかけ離れた人だったんです。

一番ダサくて、見た目も悪いパン工場の工員のデリカシーのない男なんです。

この映画が投げかけてるのは相手に求める条件ってそれ本当ですか?その条件全部そろってたら本当に幸せになれるんですか?ってことです。

だからきっとチエの選択は間違ってなくて、こういう風に相手を選べたら幸せな結婚ができるかもって最終的には視聴者も納得させられます。細かいストーリー展開はやや強引なところが否めないですが。

5人の査定とかやりすぎですけど、探せばそれ相応の相手が見つかるし、きちんと見ようと思えば相手のこともしっかり見えてくるから、結婚相手はやはり焦らずじっくりってことかなと思いました。

吉高由里子と野田洋次郎が破局?!からの復縁。


報道陣の格好のネタと言ってもよいくらい話題になる二人の恋模様。破局と復縁を繰り返した先に結婚はあるのでしょうか?吉高由里子と野田洋次郎の今までの破局、復縁歴を振り返るとともに、今回は、その喧嘩の真相にも迫ってみました。

吉高由里子と野田洋次郎が付き合い始めたのは、2012年。

そして、都内の路上にて大喧嘩がスクープされ、破局となったのは2013年2月のことです。

ちょうど、吉高由里子がNHK朝ドラ『花子とアン』の主演に抜擢された時期だったので、喧嘩の原因は、彼女がプレッシャーでイライラしていたからだと予測されていましたが、真相は異なるものでした。
なんと、例の吉高由里子をおとしめようとする「枕をしている」という噂が野田洋次郎の耳に入り、野田洋次郎が激怒してしまったようです。

デビュー当初から、数々の有名作品で良いポジションや主演の座をものにしている吉高由里子への妬み、または蜷川監督に裸見せちゃったエピソードが派生して流れた噂に過ぎないのですが、野田洋次郎信じちゃったんですね。

これは吉高由里子、悲しいですよね。そんな濡れ衣着させられて、愛する彼氏にまで疑われるなんて。怒って現場を去った野田洋次郎をタクシーで追いかけようと、手を挙げた彼女の表情がなんともせつなそうです。
吉高 破局.jpg
かわいそう。

今思えば、路上での大喧嘩の直後に野田洋次郎が出した『5月の蝉』という歌は思い込みの激しい野田洋次郎が嫉妬に怒り狂って歌った曲だったのですね。だとすると、歌詞の内容もすべて納得がいきます。以前私は、吉高由里子が野田洋次郎の間に妊娠した子を産むか産まないかでもめたのかと仮説をたてましたが、真相は違ったんですね。『5月の蝉』の歌詞はめちゃくちゃ激しく怖い歌詞です。「吉高由里子の歴代彼氏の意外な共通点とは・・・!」の記事に歌詞について書いてあるので気になる方は見てみて下さい。

しかし、約1年後の2014年の4月に焼肉デートが目撃されます。あれだけ激しい喧嘩別れをした後のまさかの復縁報道に驚かされました。ただ、まだお店で食事だけしかとらえてなかったので、復縁の決定的証拠にはなりませんでした。

その後、2014年10月、代官山で手つなぎデートをしているのが目撃されました。TSUTAYAへDVDを借りに行き、コンビニに寄り、マンションへ入っていくところまで追跡できたので、これはもう完全に復縁ということですね。

2014年5月から半同棲生活をスタートさせたようですが、今年の2015年2月には破局が報道されています。野田洋次郎の方から吉高由里子を振ったとのことで、親友のハリセンボン春奈が慰めの会を開いたのだとか。野田洋次郎が情緒不安定になった吉高由里子を支えきれなくなったということでしたが、理由はそれだけでもないようです。

そんな二人の恋愛模様の心境が伺えるのが野田洋次郎が2015年5月に発売した『ラリルレ論』(文芸春秋)です。これを見ると、吉高由里子とうまく行っている時期は「幸せだなぁと思う」というようなよい言葉が書かれているのですが、破局後や揉めているときなどはすごくネガティブなことが書かれていて、野田洋次郎も負けず劣らず、いや彼のほうが情緒不安定ではないだろうかと思ってしまいました。

どんな恋愛でもよい時期、悪い時期あると思いますが、吉高由里子と野田洋次郎の場合、当人同士の気持ちの浮き沈みの激しさが破局と復縁の繰り返しを誘発させているのかも。彼らは繊細で希少な似た者同士だから、ものすごく相性はよいはずなんですよね。野田洋次郎が結婚願望が強いのは事実。また、復縁になる日が来ますよ。きっと・・・。
スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © 吉高由里子ファンブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。