So-net無料ブログ作成

野田洋次郎の身長、体重と幼少期からのエピソードまで

熱狂的なファンを持つRADWINPSのボーカルで知られる野田洋次郎ですが、今年は俳優デビューに文壇デビューまで果たし、今まさに乗りに乗っていますね。気になる身長、体重とミュージシャンになる前の生育環境、エピソードまで調べてみました。
スポンサードリンク




野田洋次郎の身長、体重と詳細プロフィール


では、ずらっとプロフィールから
野田うたう.jpg
本名 野田洋次郎
生年月日  1985年7月5日
出身地   東京
血液型   A型
身長    180cm
体重    75kg
足のサイズ 28.5cm
利き手   左
視力    0.2

身長はもっと高い気もしたんですが、180cmなんですね。でも世の平均男性からしたら高いですよね。だいぶ恵まれた体系です。しかも細身な身体に見えるから、体重は60キロ代かなと予想したんですが、けっこうありますね。このフォルムでこのくらい体重多いのって男性にとっては嬉しいことですよね。
筋肉がついているってことだから。

年齢は今年30歳になったんですね。なんか俳優さんとか他のアーティストなら「いくつなんだろう?」って気になるところだけど、野田洋次郎は年齢聞いてもなんとも思わないような。もっと若いって言われても、もっと年取ってて40くらいって言われても「そうなんだ?」って信じちゃいそうです。見た目が年齢不詳なのか、それともその雰囲気と経験値の高さがそう思わせるのか。

家族構成は父、母、兄(1人)、本人です。
お父さんは、日本人ですが、転勤で海外に行き、現在はフランス国籍。仕事ができる方なんでしょうね。厳格で野田洋次郎とはあまり関係が良くなかったみたいです。
お母さんはピアノの先生です。野田洋次郎の楽器の才能はここからきているのかもしれません。彼はギター、ベース、ドラムだけでなく、ヴァイオリンも弾けます。ピアノはライブでたまに演奏していますね。

お兄さんについては情報ないですけど、「ラバボー」という曲の中でお母さんの愛情をお兄ちゃんと取り合ったことを歌っています。

幼稚園の残り2ヶ月(年長)~小学校4年生の終わり頃までアメリカのカリフォルニアに4年間住んでいた帰国子女です。ちょうど中学校へ入学するタイミングで日本に戻り、中学・高校と桐蔭学園に進学しました。
桐蔭学園って東大合格実績を持つすごい進学校です。俳優の水嶋ヒロも中・高と、この桐蔭学園に通っていたそうです。

そんな進学校でどんな中・高時代を過ごしていたんでしょうか。当時のあだ名とか気になりますよね。
同級生からは「野田さん」、「のでぃ-」と呼ばれていました。本人は「のでぃー」の呼ばれることをあまり好んでいなかったそうです。「野田さん」の方がよかったのか(笑)あだ名で呼ばれた方が慕われてる感じしていいですけどね~。同級生から「野田さん」って言われたらすごいよそよそしい感じしますよね。「野田」とか「洋次郎」、せめて「野田君」とかならいいと思いますけど。進学校だからそんなフランクな感じの子いなかったんですかね。それともこの頃から野田洋次郎はリスペクトされる存在で敬意を込めて「野田さん」と呼ばれていたとか?

もともと頭も良いからさぞ優等生で通っていたのだろうと想像しますが、高校生のときは体育館の裏にスプレーで落書きしたというエピソードもありました。
意外とやんちゃだったんですね。いや彼にとってみればこれも芸術だったのかもしれません。この頃からアーティスティックな片鱗を見せていたんですね。

その当時の卒アルを発見しました!
コレです↓
卒アル野田.jpg
面影はありますが、制服に眼鏡だとだいぶ印象かわりますね・・・。ってまだ10代だから垢抜けてないのも当然か。

しかし、ネット上では「イメージと違ってショック」とか「別人だ」とかあまり評判がよくない様子。

男性の場合、メイクとかもしないので、基本的な顔の印象は変わらないから今とギャップを感じるんだとしたら、服装や髪形、歌う曲のかっこよさで自分を最大限よく見せるのが得意なのかも。

ただ、野田洋次郎のルックスの評価はよくわからないですよね。ファンは「カッコイイ」って言うけど、ファン以外の人からは「ブサイク」と言われてますし。

客観的意見では誰が見てもカッコイイと思える顔ではないと思います。でも奏でる曲と、その雰囲気はとてもカッコイイと思います。

女性が男性に求めるかっこよさって顔の輪郭だけじゃないですからね。それを言ったら、AKBだってそんな可愛くなくても人気なアイドルいっぱいいるか?

そして、大学は慶應義塾大学環境情報部を入学します。本当にエリートですね。ってことは水嶋ヒロは中・高・大学も一緒の先輩になりますね。
野田洋次郎はバスケ部に入っていたようです。勉強じゃなくてスポーツも万能でスケボーも得意らしいです。

好きな食べ物はきゅうりと鶏の唐揚げ(特に大好きなのは、はね鳥の唐揚げ)です。裕福な家庭に育ったようですが、けっこう庶民的?
きゅうりは浅漬けが特に好きで一気に10本食べてしまったことがあるそうです。本当に好きだな。。。

以前ののブログ、"NODA★LIFE"は中学の頃から書いていたそうです。魔法のiらんどの日記ランキングで常に1位でしたが、公式サイトのリニューアルと同時にやめ、メンバー全員と同じになりました。そんな昔から日記を書くことが習慣だったんですね。本になるわけですね。

恋愛において理想の身長差と体重比は?


恋愛において相手の身長って重要ですよね。顔が良くても、身長で「この人無理」ってなったり、性格良くて付き合ってても身長が高すぎたり低すぎたりで相手にコンプレックスを感じてしまったり。

男性なら高身長、女性ならなるべく低身長の方が望ましいです。(好みにもよりますが一般的に)
そして単に身長が高ければ高いほど、低ければ低いほどいいというわけではなく、双方のバランスが大事です。

一般的に、男性は自分より身長が低い女性が良い、女性は自分より身長が高い男性が良いという理想がありますね。見た目じゃなくて性格が良ければいいといっても、身長差って恋愛において無視できないソースです。

今流行りの「壁ドン」も少し上から見下ろされるか同じくらいの身長じゃないと迫力がでません。音でびっくりすればドキッとはするでしょうが。それに、女性の身長が高すぎたらただ見下ろされる形になって、どっちが口説こうとしてるのかよくわからなくなるのでこの王道テクは使えません。

あくまで理想の話で相手のことが本当に好きなら気にならない部分ですが、付き合う異性を選ぶ際に、誰もが少なからず無意識にバランスセンサーを作動させていると思います。

男女の理想の身長差とはいったい何センチなんでしょう?

よく身長差は20cmが理想っていいますよね。昔見た少女漫画でも言っていました。

でもそんな身長の高い男性身の回りにいないですよね。日本人の成人男性の平均身長は171cmです。それに対して成人女性の平均身長は158cmなので、20cmの身長差を求めると、女性の方が150cmか、男性が180cmないと・・・。その点、野田洋次郎は女性の平均身長とぴったり理想ですね。

この身長差にも一応根拠はありますよね。ドラマや漫画を見ていると明らかです。女性ならデートの時に気をつけたことがあると思いますが、ヒールの高さで彼より目線が上になってしまうこと。20cm身長差があれば5cm、10cmのヒールを履いても大丈夫なんです。

キスをしやすい身長差は12cmらしいので、あまり高いヒールを履いたりしなければそんな高身長でなくてもよいような気がします。

実際は、女性側も自分と同じくらいか少し高ければよいという意見が多数です。

体重の方は、身長によるので一概には言えませんから、太って見えない程度ならよいですよね。男性はけっこうぽっちゃり系の女性が好きという意見が多いので、そんなに体重は気にする必要がないと思います。ただ、異性の身体では、自身の身体にない部分を魅力的に感じるという観点からはくびれも重要なポイントですよね。

一方、女性の方はあまりぽっちゃりした男性は好まない傾向にあるかもしれません。ひょろひょろでも頼りない感じがしてしまいますが、あまり太っているとクールに見えないんですよね。だらしない印象を受けてしまう・・・。でも可愛い系の男の人が好きな人は「ぽっちゃりでかわいい」ってなるんですかね?

結局身長も体重も中ぐらいがベストですよね。モデル体型には憧れるけど、目指すものじゃない。
スポンサードリンク




野田洋次郎の歴代彼女の身長、体重ベストは誰?


野田洋次郎が今まで付き合ってきた歴代彼女たちの身長、体重についても調べてみました。
さて、あくまで外見の身長差、体重のみで評価した場合、ベスト体系彼女に選ばれるのはいったい誰なんでしょうか?

野田洋次郎の身長180cm 体重75kg

まず、一人目、マキさんは情報がないので残念です。
つづいて二人目、女優の臼田あさ美は・・・
臼田あさ美.jpg
身長163cm、体重49kgでした。
まずまずですね。身長差は17cm。理想に一歩届かず。

そして、最後、吉高由里子。
吉高由里子 大逆走.jpg
身長158cm 体重49kgでした。
すごい!身長差22cm!理想を上回っています。履く靴と姿勢によってはぴったり20cmも夢じゃない(笑)

二人とも体重は同じなんですね。このくらいの身長で49kgって適度に痩せてるイメージで良いですね。でも女優のプロフィール見ると体重49kgって表記が多い気がするから、そのくらいで答えるのがよいとかあるのかな。ちょっと真実を疑ってしまいますね。¥398(サンキュッパ)みたいな心理を生み出すのかな。全然ジャンル違うけど。

とりあえず、臼田あさ美、吉高由里子どちらも体重が同じだったので、一番身長差が理想に近い吉高由里子の勝利ですね。
見た目もこんなにお似合いのカップルだったとは。もったいないですね。

ここまで、ちょっとくだらない話にお付き合いいただいてありがとうございました。

全て表現のために。「英語も楽器だ」


野田洋次郎と言えば、奇抜な髪型とファッションですが、それらも彼なりにこだわりあってこそ。
それも併せて音楽表現の一部なんだそうです。

身にまとうものがその人の個性を表すというポリシーを持っていて、音楽活動以外での待ち合わせにも服選びに迷って約束の時間に遅れてしまったこともあるそうです。

たいていの人が、その他大勢と違うことを嫌ったり、流行りの服を身に付けたがったりする中、自身の個性を貫こうとする姿勢は昔から変わらないようです。素敵ですね。あれだけ表現できる力があるのだから出していかないともったいない。

彼は帰国子女ですが、英語をあれだけ流暢に喋れるのは猛勉強したからだそうです。小学生のときまでアメリカにいたから基本的な文法とかは頭に入って日常会話は問題なく喋れただろうけど、帰国後に英語を学ぼうとしなければ忘れてしまっていたでしょう。聞いたり、話したりする機会がなければ発音も忘れてしまいますものね。
こんな思いが彼を掻き立てたようです。
「せっかく音楽を作っているなら、国外でやってみたかったというのがあります。そしてそれは20代のうちにやりたかった。今の日本に向けて。」


そして、英語についてこんなことも語っていました。
「英語は確実に世界共通言語として世界中の多くの人々が理解できるし、ボクがただ英語の響きが好きだということもあります。英語という言語は、日本語では引っ張り出せないメロディを引き出してくれる楽器のようなものだと思います。」
「英語は楽器だ」ってこれも名言ですね。言葉はコミュニケーションの道具というけど、表現者からみたらそのようにも言えますね。そして、世界共通語でみんなに伝わるなんて万能楽器。歌に国境はないとしても彼が伝えたいことは「歌詞(言葉の意味」を通じて届けられるから、大事なスキルだったんですね。英語って発音のリズムだけでかっこよかったりするから曲に乗せて二重演奏みたいなクオリティがあるのかな。 表現に必要なものはすべて取り入れようとする野田洋次郎の考えと人を魅了する才能は尊敬に値しますね。今後の方向性とどのような曲を書いていくのかが楽しみでなりません。 スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 吉高由里子ファンブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。