So-net無料ブログ作成

RADWINPS野田洋次郎のこだわり、俺流ファッションについて

RADWINPS野田洋次郎は音楽だけでなく、ファッションにもかなりこだわりが強いことで有名です。それは友達の待ち合わせや仕事の撮影にまで遅刻してしまうほど。そんな野田洋次郎のファッションへの信念と、お気に入りブランドなど調べてみました。
スポンサードリンク




上に.jpg

なんでそんなにファッションにこだわるの?


野田洋次郎はなんでそんなにファッションにこだわるのでしょうか?友達や恋人との待ち合わせに遅刻してしまう分にはまぁ仕方ないですみますけど、撮影は仕事ですから普通は許されないですよね。
あ、でも野田洋次郎は特別だから許されてるのか?
撮影は映像で見せるわけだから、ファッションへのこだわりも一応仕事への熱意とも言えます。

たいていのミュージシャンは撮影ではスタッフが用意した服を着たりするんですが、野田洋次郎は私服なんですね。

その理由について、下記のように語っています。

「PV撮影のときはどんな服を着るか、に時間をかける。用意された衣装を着ると七五三みたいになっちゃう」


一応ちゃんとしたスタイリストさんが選んだものだと思いますが、野田洋次郎のファッションセンスにはかなわないわけですね。七五三=借り物衣装だと着こなした感じにならなくてどこか違和感を覚えるのかもしれません。このこだわり、ファッションモデル並みですよね?

野田洋次郎は曲に合わせてファッションもコーディネートするそうです。なので、どんなにファッションセンスのあるスタイリストに選んでもらっても、野田洋次郎の思うとおりになりっこないんです。

野田洋次郎にとって、ファッションも音楽同様、表現の一部。おろそかにはできない大事なポイントなのでしょう。

野田洋次郎のファッションはかっこいい?奇抜?


野田洋次郎のファッションはファンからは「すごくかっこいい」とか「あんなファッションしてみたい」とか言われているんですが、ファン以外の人からは「だらしなく見える」「なんかダサい」という声も少なくありません。

野田洋次郎は自分自身の今の気持ち、表現したいことをテーマに着る服を選んでいます。自身のヴィジュアルとのトータルバランスも考えていますが、人から見たらその抜き出たファッションセンスが奇抜に見えるところもあるかもしれません。
野田洋次郎のファッション
hidari.jpg

確かにここまで個性的だと、意見は分かれそうですね。本当にファッションセンスが良い人はこれをかっこいいと思えるんでしょうか?それとも野田洋次郎のことが大好きだからもうすべてがかっこいいと思っちゃうんでしょうか?

身にまとうファッションは野田洋次郎の一部と化しているので、野田洋次郎が着てこそブランドのような価値を持つ洋服なのかもしれません。

野田洋次郎のファッションブランドはどこ?


野田洋次郎のかっこよくて奇抜な洋服、どこで手に入れているか気になりますよね?

NUMBER(N)INEという有名ブランドの服みたいです。

NUMBER(N)INEとはファッションデザイナーである宮下貴裕さんが1996年に立ち上げたブランドです。
彼はかなりの実力の持ち主らしく、専門学校には一切通わず、独学で服を作る勉強をしたらしいです。他のふつうの服とはどこか違くておしゃれで斬新なところのあるデザインを得意としているみたいです。
こんな感じの服です。
野田っぽい3.jpg
野田っぽい2.jpg
野田っぽい.jpg
野田洋次郎っっぽいですよね。野田洋次郎が着る服すべてがこのブランドってわけじゃないと思いますが、彼のお眼鏡にかなうとは宮下さんすごいですね。

ナンバーナインは店舗でも通販でも購入できます。1着平均2万円くらいです。

スポンサードリンク




今流行りのノームコアと帽子を取り入れたファッションとは?


昨年からニューヨークのファッション業界で話題になっていたノームコアなファッションというのが流行り始めました。

ノームコアとは「究極の普通」服のブランドやデザイン性に頼ったファッションではなく、普通の服をいかに自分流に着こなすかに重きを置いたファッションコーディネート。

これが不況で消費を抑える傾向にある日本人のニーズにぴったりハマったんです。

安く買えるファッションブランド「UNQLO」や「GU」が店舗拡大し、芸能人が安い服でファッションコーディネートし出すとファッションにお金の糸目を掛けなかった若い子たちもノームコアを取り入れるようになりました。
ほんの5,6年前までは「この服実はUNIQLOなのよ(笑)」と恥ずかしそうに言っていましたが、今ではそんなことありませんよね。「コレUNIQLO~」「え~?イイね~。私も買いたい」「私の服は全部GUだよ」とか。

今まではこの人そんなに安物の服着てるんだ?って思われるのが恥ずかしいことみたいだったんですけど、不況も続き、安物買いが当たり前になってくると、安い服を買っている=賢い。安い服で済ませている=ファッションセンスがよいなどといったイメージに結びつき、大衆に受け入れられているみたいです。

UNIQLOもGUも質はかなりいいですからね。それでトレンドのデザイン服やアイテムが最安でそろうんだから言うことなしです。洋服も高いものは長く着れるとかいいますけど、実際は汚れがついちゃったり、流行過ぎてタンスの肥やしになったりすることも多いですよね。そんな消耗品に高いお金をかけるよりはよいかもしれません。

ノームコアなファッションは今書店でもたくさん本が並んでいます。いままで雑誌ではよく「31日着回しコーディネート」とかありましたが、昨年までは普段着のファッションコーディネートとか着こなしの本なんて売られていませんでした。

ファッションデザイナーやOggiの雑誌編集者からモデルまでファッション業界の多くの人がこぞって同じようにファッションコーディネート本を出しています。普通の服でも著者によって全くファッションのテイストが異なるので、どれを選ぶか服選びと同様に迷ってしまいます。でも本は買ってもだいたい1冊1500円くらいですからね。私は3冊くらいまとめ買いしました。

野田洋次郎の場合、洋服の値段にはこだわらないでしょうが、このノームコアな考え方を取り入れたファッションをしています。

たとえば、この写真のファッションコーディネート
野田.jpg
服のデザインに頼らず、着くずしや重ね着で自分流にアレンジして着ています。
靴下にスニーカーや革靴を合わせるのは、ノームコアの代表スタイルのひとつです。

反対にシンプルな恰好は
シンプル.jpg
こちらはどんな人にも受け入れられそうなファッションですね。

普通の服をコーディネート力で着こなして楽しむというおしゃれスタイルはですが、野田洋次郎のファッションセンスが加わると一味違いますね。

野田ファッションに欠かせない帽子、一体いくつ持ってるの?


お披露目しているだけでも8個。本当はもっとあるでしょう。30個くらい持ってるなんて説もあります。
髪型もこだわっているはずですが、なんで帽子かぶっちゃうんでしょうね。

理由は、「くせ毛だから」らしいです。
帽子.jpg
あれはパーマじゃなくてもともとなんですね。納得です。くせ毛だと生え際からうねって広がっちゃいますからね。ストパー掛けてまっすぐだったときもあった気しますけど、最近はそのままですね。

女子はあまり帽子をかぶる人はいないですけど、男子って帽子好きな人はめっちゃ好きですよね。長髪にしたり、パーマをかけたり、ムースで固めたりって多少アレンジはできても女子ほど髪型で遊べないからおしゃれさんは帽子をかぶりたくなるんですかね。

帽子が似合うか似合わないかって人によるから一歩間違えば不審者になってしまう、ファッションで取り入れるには勇気のいるアイテムです。

野田洋次郎はいろんな形の帽子を着こなしているから素敵ですね。

RADWINPSの結成秘話


RADWINPSはどうやって結成されたんでしょうか。
RADWINPS.jpg
ギターの桑原彰さんが当時バスケットマンだった野田洋次郎を誘って結成されたそうです。

野田洋次郎からじゃなかったんですね。

今やRADWINPSでメインボーカルを務め、作詞作曲もし、これだけ人気を集めているんですから、桑原さんの見る目は正しかったですよね。

でも桑原さんが野田洋次郎と初めて出会ったときの第一印象は「友達になれなそう・・・」と思ったそうです。
きっと、他の誰とも違う独特の雰囲気と、中学から進学校で慶應ボーイという経歴が余計そう思わせたんでしょう。

それでも声を掛けてスカウトしちゃったんだからすごいです。

そして、結成1年後の2002年にRADWINPSは高校生バンド大会に出場し、「もしも」でグランプリを取得しました。

このときRADWINPSのメンバーは5人。そのうち桑原さんと野田洋次郎以外のギター、ベース、ドラムの3人は野田洋次郎の大学受験の活動休止期間中に辞めて行ってしまったそうです。

しかし、そのバンド大会で知り合った人をベースとドラムに迎え入れ、2004年にRADWINPSの活動を再開することができました。

ベース、ドラムは現在のメンバーの武田祐介、山口智史です。野田洋次郎によると彼らを引っ張った理由は「たまたま近くにいたから」だそうです。

そんな単純に決めちゃったんですね(笑)。でもきっと野田洋次郎と桑原さんなりの直感があったのでしょう。意外と人間、そこら辺の感覚は正しいようです。よく長きに渡る親友って仲良くなったきっかけは「たまたま席が近かったから」とか「たまたま声をかけられて」とかそんな単純で些細な事だったりしますよね。
結果、彼らはずっとRADWINPSのメンバーとして続いているわけですから、この出会いは必然だったと言えるでしょう。
スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 吉高由里子ファンブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。